サービス

企業出版のススメ

企業出版のススメ

企業が書籍出版をするメリットは数多くあります。
「自社のブランディング化に活用したい」
「新しい顧客との出会いが欲しい」
「自社の理念を社の内外に浸透させた」
など、あなたの会社の課題は書籍を出版することにより解決することができるのです。
たとえば会社やその商品を書籍によって広く知ってもらうことで、集客アップ、売上アップにつなげることができます。
また、あなたの会社の理念を書籍で内外に浸透させることができます。とくに社員やその家族に理念を共感してもらうことができれば会社に一体感が生まれます。

書籍の具体的な活用シーンも多義にわたります。

  • セールスツールとして
  • 採用活動の資料として
  • プロモーション時のツールとして
  • 経営者としてセミナーや講演出演時の名刺代わりに

そしてなにより経営者が事業において経験したことを書籍で後世に伝えることは、後進の方々のためにも経営者ご本人のためにも大切なことだといえるでしょう。
こういったメリットを考えると、どんな企業、経営者、士業の先生方、店舗など、是非書籍を積極的な事業展開に活用してほしいと考えます。

出版社選びは慎重に

出版社選びは慎重に

しかし企業出版にはまとまった金額がかかります。
都内の大手出版社だと700万~1000万円近い費用が相場のようです。
その費用は書籍の製作費以外に大手出版社の権威付け、効果的な広告宣伝活動、流通戦略などが含まれた金額でもあります。たしかに企業がステージを1段も2段もアップし業界や世間の信頼を勝ち取りたいタイミングには、こうした書籍を使った大掛かりなブランディング戦略は大変有効な手段と考えます。
しかしこれだけの高額な費用をかけられる企業は限られると思われます。
かといって書籍の有効性をあきらめるのはもったいない!
そのような時は小出版社でもベテラン編集者が丁寧に本作りをしているところを私どもはご紹介いたします。そういった小出版社では部数にもよりますが書籍の製作費だけで150万円前後で出版できます。そのかわり権威付けや全国の書店に配本するという点はあまり望めません。
しかし書籍だけ作って、必要に合わせて別のメディアを使って個別にプロモーションすることも可能です。自分でSNSなどを効果的に使えば、ただみたいな値段でプロモーションできる時代なのです。そういったノウハウも当社はご提供することができます。

書籍出版は企画が命

書籍出版は企画が命

いくら本を出版してもあなたの会社の解決したい課題にあったテーマの本を出版しなくては意味がありません。それには企画力がものを言います。それぞれの出版社には得意分野があります。あなたの会社の目的のためには、大手出版社に依頼するよりも、地元に特化し、地元の綿密な情報を握っていて安く本を作れる小出版社を選んだ方が効果的な場合もあります。またあなたの会社の業界の本を専門に出版している出版社がいい時もあります。さらに経営者自身がメディアに注目させたい時には人物のストーリーを伝えるのが上手な出版社を選びたいものです。
また本の判型、中身も目的に合わせ柔軟に考えたいものです。出版社のプロの編集者に相談することで最適企画が生み出されます。

そして本作りに真剣にかかわったあなたの会社は書籍だけでなく今後の会社の進むべき方向性も手にすることができます。書籍が広く行きわたることで思いもよらぬ新たな出会いも生まれることと思います。
数ある出版社の中から、あなたの会社の目的に合った出版がかなう出版社をお選びし、企業出版を通じてあなたの会社のさらなる発展をお手伝いするのがオフィス大内の目的なのです。
是非ご相談ください。

当社は1933年(昭和8年)埼玉県川口市で川口の地場産業である鋳物工場としてスタートしました。そして1993年(平成5年)不動産賃貸業として業態を変えましたが、創業以来80年以上にわたり地元川口市の発展のために貢献していきたいという理念は変わっていません。
この出版をご案内する新たな事業も地元をはじめ、中小企業を書籍というメディアを使って応援させていただきたいという考えからスタートさせました。

出版相談のお申し込み

出版相談のお申し込み

出版相談のお申し込みはお問い合わせにてお申し込みください。

出版相談のお申し込みは、お問い合わせにてお願いいたします。
相談は個別相談のため予約制となります。
相談をお受けいただく場所は、当社オフィスかご指定いただいた場所にて承ります。
受付時間:月曜日〜金曜日 10:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日はお休みです)
初回は無料にてご相談に対応いたします。
その後、3回までのご相談対応で費用は10,800円(税込)となります。
お客様の御出版が決まれば相談料は発生いたしません。

相談内容

  • どこの出版社から企業出版をすればよいのか
  • どんな出版物を作ると効果的か
  • 出版にかかる費用について
  • 出版した書籍のPR方法について
  • 書籍の出版に合わせてセミナーを開催したい
  • 2冊目以降の出版について